百害あって一利なし。「アクリルアミド」とは?

炭水化物の多い食材を120℃以上の高温で長時間揚げる・焼くと発生する物質、「アクリルアミド」。神経障害を引き起こすことが確認されており、一部では発がん性も指摘される。含有量の多い食品には注意が必要だ。

120℃以下の調理法(蒸す・ゆでる)なら安全。揚げる・焼く場合は短時間で!

あなたは大丈夫? アクリルアミドの足し算チェックシート

  • □ファストフードが好きだ
  • □小腹がすくとポテトスナックに手が出る
  • □朝は洋食。トーストが欠かせない
  • □揚げ物が好きでよく食べる
  • □蒸し物やゆでた料理は物足りない

2つ以上あてはまる人は、過剰な足し算の可能性大!

single.php

2024/04/15 18:04:29