プロが教える、自家製肥料のつくりかた

昨年も大好評だった酵素米。完売の知らせを届けに野草酵素農法の先駆者、篠崎さんを訪ねました。いまは野菜の収穫に忙しく、春に向けて肥料づくりもはじめたそう。じつはこの肥料、ほかでは手に入らない特別なものなんです。

千葉県我孫子市
篠崎正徳さん

「大きなサトイモだろう? これも自家製肥料のおかげ。いまからつくり方を見せてあげよう」

仕込み

これは酵素米のもみがら。健康な米はもみがらまで安心してつかえるんだ

攪拌(かくはん)

馬糞と酵素米の米ぬかに、もみがらを入れて攪拌。すでに発酵熱は約70℃もあるよ

発酵菌

仕上げに近藤会長秘蔵の発酵菌を入れる。『野草酵素』づくりといっしょだね

完成

この蒸気をごらんよ。発酵熱は約90℃になって熱に強い有用菌だけが残る。特別な肥料の完成だ!

「最近は化学肥料どころか、土に消毒液をまく畑や田んぼもある。薬づけにするより自然のちからを活かす方が、よい作物ができるのにね。実際うちの肥料の効果はすごい。化学肥料なんて目じゃないよ」と篠崎さん。

春には酵素米の田んぼにこの肥料をまきます。今年もおいしいお米に期待大!

誰でも! いますぐできる! 野草酵素農法

ベランダ菜園でも観葉植物でも、空ビンに残っている『野草酵素』を薄めてあげるだけ。さあいますぐチャレンジ!

1

完全に飲み終えた『野草酵素』の空ビンに水をじゅうぶんに入れ、よく振ります

2

①で薄めた水のキャップ1杯分を2リットルの水で割ります。ここまで薄めた液をつかうのがポイント

3

水やりは7~10日に一度、葉の表・裏に霧吹きで散布。散布した水で土が湿るまでを目安に。庭木など大きなものは霧吹きをつかわず根元にあげてください

ご注意
※発芽前の水やりはとくに必要ありません。
※薄め方が足りないと、逆に枯れてしまうことがありますので、ご注意ください。
※薄めた液はなるべく冷蔵庫に入れて保管してください。

single.php

2024/06/25 18:01:35