泡立ちが物足りない気がします

いままでつかっていた市販のボディソープは2~3回こすればモコモコと泡ができ、シャワーで流したあとも排水溝が泡立つほどでした。それにくらべ、『クマザサ石けん』の泡立ちはすこし物足りなく感じるのですが……。

(大分県 男性 30代)

大量生産されている安価な石けんやボディソープの泡立ちのよさは、「合成界面活性剤」に由来します。この成分は食器用洗剤並みの強い洗浄力があり、必要な皮脂や皮膚常在菌も洗い流すため、肌の乾燥やトラブルの原因ともいわれています。

いっぽう、『クマザサ石けん』は合成界面活性剤不使用。おだやかな泡立ちは肌にやさしい証拠なのです。

こういった昔ながらの石けんを泡立てるにはコツがあります。まず最初に手を洗い、泡立ちを邪魔する汚れを落とします。次に、濡らした手の平で石鹸をなでて泡をつくります。手のくぼみに泡を乗せ、もう片方の手の指先で空気を含ませながら大きく混ぜればモコモコの泡が完成。泡立てネットを使用すればさらにかんたんです。

防臭作用を持つクマザサエキスをはじめ、カキタンニンなど天然由来の成分を配合した『クマザサ石けん』は、汗をかくこれからの季節にピッタリ。毎日の入浴にお役立てください。

single.php

2023/09/25 7:26:49