クマザサをとりすぎてなくなることはないの?

『北の大地の青汁』はもう3600万杯も売れていると聞きましたが、そんなにたくさん飲まれていて、クマザサ資源は大丈夫なのかと心配しています。全部刈りきってしまうということはないのでしょうか?

(長野県 60代 男性)

30秒に1箱も売れている『北の大地の青汁』ですから、クマザサがなくなってしまうのでは? と不安になりますよね。ですがご安心ください。

北海道大雪山系は約23万ha(東京ドーム4万9000個分)と非常に広大です。クマザサの刈りとりは5月末ごろの雪どけとともにはじまりますが、長い冬の終わりをミネラルをたくわえながら雪の下でじっと待っていたクマザサの生命力は、「すごい」のひと言に尽きます。

生長スピードもはやく、毎年あたらしい若芽たちが我さきにと育ってくるので、大雪山のクマザサがなくなる心配はございません。どうぞ安心して、これからもゴクゴク飲んでください。

single.php

2024/05/28 3:19:20