『妙高の乳酸菌』は生きて届く?

ヨーグルトは「生きて腸まで届く」と書いてあるものを必ず選びます。『妙高の乳酸菌』も生きて届くタイプですか?

(山口県 男性 50代)

善玉菌の代表、乳酸菌。最近では「生きて腸まで届く」ことを掲げた商品はヨーグルトのほか飲料やサプリメント、なかにはチョコレートなどさまざまな商品があって驚かされます。

『妙高の乳酸菌』にも、「生きて届く」と考えられる乳酸菌が含まれています。酸に強く、胃酸や胆汁に負けないとされるカゼイ菌、殻に守られた有胞子性乳酸菌などが該当します。

さらに、これらの菌は共生培養という、異なる菌同士をいっしょに育てる特殊な方法で培養されています。『野草酵素』の生みの親である近藤会長が「わたしたちのおなかの中は、複数の菌が共生している。そんな環境に、単一で培養された“温室育ち”だけをとり入れても大きなはたらきは期待できない」と考えて開発したのです。

自然界のバランスにより近い環境で育った、はたらきの異なる8種類の乳酸菌を一度にとれる。それが『妙高の乳酸菌』です。

single.php

2024/04/15 19:04:37