教えて! 荒木先生

冬は家にこもりがちです

おなかにまつわる素朴な疑問は、荒木先生に聞きましょう! 寒くなると、おなかはつまりやすくなりますが……

登場人物

医学博士

荒木陽子先生

クマザサや食物繊維、おなかの健康にとてもくわしい医学博士

さとみちゃん

おなかのつまりに悩む、「野草だより」の新人編集部員

さとみちゃん

トントン! 先生、失礼しまーすって、なにしてるんですか!?

荒木先生

あら、さとみちゃん。いま、おなかネジネジ体操をしているところよ。

さとみちゃん

おなかネジネジ体操?

荒木先生

冬は外出を控えたり、運動の機会も減っちゃうでしょう? それに寒いとからだも縮こまって猫背になりがち。姿勢が悪いとおなかがつまるし、ぽっこりおなかの原因にもなるのよ。

さとみちゃん

イヤだぁ。でも、たしかにお仕事以外は家にいるかも……。わたしにもそのネジネジ体操、教えてください!

荒木先生

もちろん。まずは足を肩幅に開いて、両手を横に広げて。姿勢よくね。

さとみちゃん

こうですか?

荒木先生

そう。次は両手を広げたまま、遠心力で左右におなかをねじって。腰に負担がかからない程度に、左右1セットとして20回が目安。息を吐きながらひねるとからだが楽に動くわよ。

さとみちゃん

おなかが刺激されている感じがします! 気持ちいい。

荒木先生

そうでしょう。あとは「つま先立ち」もいいのよ。壁やいすに軽く手をついて、かかとを上げてそのままキープするの。

さとみちゃん

えっ、かんたんですね。

荒木先生

これだけでもドッサリに必要な筋肉を強化したり、からだのめぐりをよくしてくれるのよ。はじめは1分から、わたしは5分間やっているわ。なにもむずかしいことをする必要はないの。ふとしたときに場所を選ばず、かんたんにできるのがポイント。

さとみちゃん

そうでないとつづけられないですよね。

荒木先生

室内でも歩く工夫をしてみて。日用品をあえて手の届かないところに置くとかでもOKよ。

さとみちゃん

なるほど。わたしもこたつを出すと余計動かなくなっちゃうな(笑)。気をつけます。

荒木先生

あとは蠕動(ぜんどう)運動をうながすツボも教えてあげる。「天枢(てんすう)」といって、おへそから左右へ指3本分横にあるの。動いたあとは、はい、クマザサ青汁で水分補給ね。

さとみちゃん

寒くなるとどうもお水がすすまないんです。

荒木先生

それならぬるめのホットがいいわよ。クマザサ青汁は白湯や緑茶、牛乳やココアとも相性バッチリ! からだも温まるし、ちびちび飲みはドッサリにいいの。

さとみちゃん

おいしそう。これで冬もドッサリですね!

ネジネジ体操

足を肩幅に開き、両手を広げて左右におなかをひねる

ドッサリツボ 天枢(てんすう)

おへその左右、指3本分横を軽くへこむ程度の力で同時に。左右1セット20回

つま先立ち

壁やいすに軽く手をつき、かかとを上げてキープ。1~5分間

single.php

2024/02/23 10:37:19