野草だより
124号
カテゴリ

2015年9・10月号[113号]

野草だより2015年9・10月号できました!

特集

北の大地に、みじかい夏がやってきた
――クマザサの夏、刈り子たちの収穫に密着――

手つかずの原生林が果てしなく広がる北海道、大雪山系。みじかい夏の間、この雄大な北の大地をクマザサが青々と埋めつくす。旬の季節の到来だ。その天然のクマザサを刈りとる仕事を担うのが「刈り子」とよばれる人びと。7月上旬、その刈り子とともに、大雪山中の奥深くへ――。

続きを読む

妙高通信

この3月から北陸新幹線が開業し、最寄りに上越妙高駅ができました。7月の「野草酵素のふるさとを訪ねる旅」には17人のお客さまをおむかえしました。これまで長野駅集合でしたから、ツアーの日程にも余裕ができました。新幹線効果ですね。

続きを読む

教えて!荒木先生

旅行にいくとドッサリできません

さとみちゃん:先生、ちょっとお茶にしませんか。
荒木先生:クマザサ青汁ね。ゴクゴク。う~ん、おいしい!
さとみちゃん:じつは最近ちょっと食べ過ぎちゃって。サンマでしょ、カボチャでしょ、キノコにリンゴ。手が止まらなくて困っちゃう。

続きを読む

野草のじかん

南天葉[ナンテン葉]

関東以西、四国、九州にかけて自生する常緑低木。耐寒性に優れ、冬になっても葉が枯れることはない。
幹の先端に葉が集まり、初夏には白い花を咲かせ、晩秋から初冬にかけて真っ赤な実をつける。その独特な姿かたちから、観賞用として広く親しまれている。

続きを読む

医者にかかる前に腸に聞け!

善玉菌を増やすには発酵食品をとりなさい

残暑がつづきますが、みなさん、夏バテしていませんか? 疲れが出やすいいま、ぜひ腸の声に耳を傾けてください。

続きを読む

病気知らず冷え知らず

快適さと引きかえにからだは冷えていく

「36.9℃」は微熱か、平熱か――。この数字はなにかというと、1954年初版の『医学大辞典』で発表された当時の日本人の平均体温。しかし、冒頭の問いに「微熱」と答えた人は多いのではないだろうか。

続きを読む