野草だより
123号
カテゴリ

2014年5・6月号[105号]

野草だより2014年5・6月号できました!

特 集

本の処方箋
健康本、話題の30冊をイッキ読み!

書店に行くと健康関連のさまざまな本が並ぶ。タイトルだけではどれを読んだらいいのかわからない、と迷ってしまう読者のために、今号の野草だよりでは話題の健康本30冊を編集スタッフがイッキ読み! 情報過多のこの時代の本の選び方、読み方についてたっぷり3時間語り合いました。

続きを読む

妙高通信

今年も『野草酵素』のふるさと妙高高原に春を告げる使者が訪れます。

5月、妙高山に「はね馬」がやってきます。雪どけした山肌と残雪が、山の中腹などになんらかの模様をかたちづくることを雪形といいます。妙高山腹に飛びはねる馬の雪形が見えると、農作業(田植え)のはじまり。

続きを読む

教えて!荒木先生

出るまでトイレにこもります……

さとみちゃん:はぁ~……。
荒木先生:どうしたの? 昨日はうれしそうにドッサリ報告してきたのに。
さとみちゃん:それが今朝は出なかったんです。ウォーキングもがんばっているし、お水もゴクゴク飲んでいるのにな。

続きを読む

なるほどナットク
引き算健康法

プリン体、ビールだけが要注意?

尿酸値を上昇させ、痛風のリスクを高めるプリン体。1日の摂取上限は400mgとされている。そんなプリン体を多く含むものとして、ビールばかりがとり上げられているが……。

続きを読む

野草のじかん

吸い葛[スイカズラ]

砂糖のなかったころは、花の蜜を甘味として吸っていたことから「吸い葛」とよばれた。なお、生薬名である忍冬は、冬でも落葉せずに葉が残っている様子にちなむ。

続きを読む