野草だより
123号
カテゴリ

2013年11・12月号[102号]

野草だより2013年11・12月号できました!

特 集

健康ブームよどこへいく
−紅茶キノコからトクホまで。日本人の健康意識の変遷−

トクホの商品が売れている。「脂っこい食事のおともに」、「血糖値が気になる方に」。健康効果への期待が購買意欲をそそるようだ。思えば過去数十年、さまざまな食品が“健康によい”とブームになっては消えていった。いったいなにが人々を駆り立てたのか。いわゆる「健康ブーム」の変遷を振り返り、日本人の健康意識のゆく先を読む。

続きを読む

妙高通信

『野草酵素』のふるさと妙高高原では、昔から発酵食品づくりが盛んでした。

はやくも紅葉の見ごろがおわりをむかえた妙高高原。今夏はとりわけ陽ざしが強く、秋は急に冷えこんだので木々の色づきが鮮やかでした。例年どおりだと11月末までには、ふもと一帯にも初雪が降るでしょう。これから師走にかけて降雪への備えで、家々はてんやわんやの忙しさです。

続きを読む

教えて!荒木先生

オナラが多くて困ります……

さとみちゃん:う~ん、んん……。
荒木先生:さとみちゃんどうしたの? なんか苦しそうにしてるわね。
さとみちゃん:じつはオナラをガマンしてるんです。最近やけに出るから。もしかしてなにかの病気かしら……。

続きを読む

野草酵素農法友の会

空ビンに残った『野草酵素』を水で薄め、霧吹きでシュッ。たったこれだけ

鹿児島県にお住まいの村山晴香さんは園芸名人としてご近所でも有名。毎日丹精こめて手入れしている自宅のお庭は、枝ぶりも葉ぶりも見事な植物であふれています。でもこれ、じつは化学肥料はいっさいつかわず、水で薄めた『野草酵素』だけで育てているそうです。

続きを読む