野草だより
特集
カテゴリ

バックナンバー

野草酵素公式ウェブサイト からだのおそうじ屋さん野草酵素 食物繊維がどっさり北の大地の青汁 野草酵素スタッフブログ

特集
冬はこたつでみかんでしょう
──愛媛県吉田町。父から子へつなぐおいしいみかん──(2)

宮川早生、いよかん、はっさく、ポンカン。ひと口に柑橘といってもその種類はじつに多彩



えぐられた斜面や、土砂崩れの土の集積場など、被災の爪あとが残る



小清水千明さん(57歳)
農家の7代目。昭和30年代、曾祖父の代に柑橘に専念するようになり、現在15種類の柑橘を育てる



小清水太郎さん(28歳)
勤めていたケーブルテレビの番組制作会社を辞め、家業を継ぐことを決意。千明さんの手ほどきを受けながら、日々奮闘中

みかん農家が激減。
「俺が継ぐよ」 28歳の決意

愛媛県は日本一の柑橘王国。なかでも宇和島市吉田町は、江戸時代からみかんの栽培が盛んな町だ。

代々つづく農家で7代目の小清水千明さん(57歳)のもとを訪ねた。

「みかん農家も高齢化でね、わたしはまだ若い方。跡継ぎ不足で離農する人や、県外から後継者を募る動きもあるよ」

愛媛のみかん農家の7割が65歳以上で、その数はここ35年で三分の一以下にまで減少したという。

そんななか、小清水家では昨年の夏、長男の太郎さん(28歳)が跡を継ぐ決心をした。

「子どものころからみかん畑で遊んでいましたし、祖父や父の背中を見て育ちました。先祖代々守ってきたこのみかん山を、自分が受け継ぐんだと思っていましたね。迷い? とくにありませんでしたよ」

さあこれからという矢先、昨年7月7日の西日本豪雨で被災。あちこちで山崩れが起き、みかん畑も土砂に埋もれた。小清水さんも畑への道が流され、農業機械が水没し、果実が落ちたり劣化するなどの被害を受けた。

それでも「絶対にあきらめない」。自力で重機を調達していちはやく復旧にとり組んだおかげで、無事にみかんが実をつけたのだ。



冬はこたつでみかんでしょう
──愛媛県吉田町。父から子へつなぐおいしいみかん──(2)