野草だより
病気知らず冷え知らず | 「冷え」はからだの危険信号。放っておくと、思わぬ事態を招くことも――。決して、冷えをあまく見てはいけない。
カテゴリ

バックナンバー

野草酵素公式ウェブサイト からだのおそうじ屋さん野草酵素 食物繊維がどっさり北の大地の青汁 野草酵素スタッフブログ

病気知らず冷え知らず 第15回

熱中症や冷え対策に!サラサラ汗はいいことずくめ

ベタベタ汗は
ミネラル不足を招く!?

夏本番、すこし動くだけでも汗ばむ時季だ。汗は蒸発するときに体内にこもった熱を放出し、体温を一定に保ってくれる優れもの。しかし近年は制汗スプレーなどの商品が溢れ、不快なイメージが強い。あなたも「汗をかきたくない」と思っていないだろうか?

本来なら、汗は99%が水でニオイやベタつきはないはず。現代人はクーラーのつかい過ぎや運動不足などで汗をかく機会がすくなく汗腺の機能が衰えているため、体内にあるべきミネラルまで汗に混ざってしまうのだ。その汗に含まれる塩分がベタつきの元になる。

しかも、ミネラルは体温調節に不可欠なもの。不足すれば熱中症だけでなく、冷え症の原因にもなるのだ。



何歳からでも
汗腺はよみがえる!

逆に「サラサラ汗」をかけば体温調節がスムーズにおこなわれ、熱中症予防にも冷え対策にもなる。冷えが解消されれば免疫力が上がり、不調も抱えにくい。では、サラサラ汗をかくにはどうすればいいのか。それは「汗をかく頻度を増やす」こと。それだけで汗腺は鍛えられ、何歳からでも機能が復活する。

習慣的に汗をかく手軽な方法が入浴。基本は40℃前後のお湯に20分ほど浸かることだが、暑い夏は、塩風呂がおすすめ。浸透圧のはたらきによって血行が促進され、短時間でも汗が出やすい。温浴効果の高い入浴剤をつかうのも手だ。

サラサラ汗はすぐに乾くうえに肌の保湿効果もあるため、こまめに拭きとる必要もない。気持ちのいい汗をかいて、この夏を快適に過ごそう。